商品番号 MGRB003
モルガナイト・リング
(Silver 925)

石のサイズ(枠含む): 10.0 X 8.0 X 5 (mm)
重量 : 3.5 グラム
石の重量 : 1.35 カラット
石の産出地 : マダガスカル
リング・サイズ: 10

商品価格 ¥10,500














モルガナイト
Morganite
ピーチのような柔らかい色合いとピンク・ダイヤモンドを連想させる強い輝きが美しい宝石、モルガナイト
エメラルドやアクアマリンと同じベリル((緑柱石)の一種で、それらと同様に、二色性があり、角度によって色の濃さが違って見えることも魅力です。 モルガナイトのピンク色は、石に含まれるマンガンに起因し、その含有量に応じて色合いが決まります。そのほとんどが、ペール・ピンク 〜 ピーチまでの柔らかい色ですが、ごく稀にバイオレット・カラーに至るものもあるようです。 モルガナイトは当初、鉱物名そのままに「ピンク・ベリル」と呼ばれていましたが、1911年に稀代の宝石コレクターであったJ.P.モルガンに因んで名付けられました。命名者は、当時の鉱物学の権威で、ティファニー宝石店の顧問でもあったG. P. クンツ博士です。 また、他にもローズベリルやボロビエバイトとも呼ばれることもあるようです。 モルガナイトは、愛らしく謙虚な見た目そのままに、愛情・清純・気品を象徴する石です。決して派手ではないモルガナイトは、身に付ける人の感性に働きかけ、知恵と洞察力を高めて、その魅力を引き出すサポートとなる石のようです。 謙虚さや穏やかさを身に付けて、人から愛される人になりたいと思っている人にはおススメの石でしょう。

この商品について
宝石品質のマダガスカル産モルガナイトの完全ハンドメイドのふくりん留めリングです。
アクアマリンやモルガナイトは不純物が少なく透明度が高いもの程、色合いが淡くなる傾向があります。従って、こちらのモルガナイトも柔らかいピーチカラーですが、ピンク・ダイヤモンドのような強い輝きを放っています。カットに抜けもなく,煌びやかなフラッシュが魅力的です。
シンプルなデザインのふくりん留めは飽きも来ず耐久性も高く、末長くご愛用頂けるリングだと思います。

鉱物的説明
モルガナイトの結晶は、他のベリル(緑柱石)とは異なり、六角柱状ではなく六角の平板状の結晶として産することが多いようです。しかし、完全な平板結晶のままで産出することがほとんどなく、断片となって産出するのが一般的です。 さらに、ほとんどの結晶がかなりのインクルージョンを含むため、宝石品質のモノは稀少です。 産出量が少ない上に、加熱処理によって色合いを変化させて、アクアマリンとして流通するものの割合も多く、これらがモルガナイトが市場にあまり出回らない理由のようです。

特性値
モース硬度 : 7.5 〜 8
比重    : 2.69 〜 2.80
屈折率   : 1.57 〜 1.59 (複屈折)
結晶系   : 六方晶系でガラス光沢を示す。




画面トップに戻る

← BACK HOME →