商品番号 GSRF001
スペサタイト・ガーネット・リング
(Silver 925)

石のサイズ: 6.4 X 5.4 X 3.8 (mm)
重量: 3.18 グラム
石の重量 : 1.20 カラット
石の産出地 : ナミビア
リング・サイズ: 11+ (11よりやや大きめ)

商品価格 ¥ 11,340

 














スペサタイト・ガーネット
Spessartite Garnet
ガーネット (Garnet) 人類とガーネットの関係は遠い昔から続いており、有史以前の遺跡からもガーネットが見つかっています。 ガーネットという名前はラテン語の「種子・種のような」を意味する言葉が語源だといわれています。 その名の通り ガーネットは生命力・情熱・実りを象徴する、歴史上最も古い宝石のひとつで、魔よけのお守りとしても大切にされて来ました。 古代ギリシャやローマでは、「血」を連想させるその色あいから、怪我を防ぐ護符として兵士達が身に着けていたということです。 ガーネットはまた、別名「勝利の石」とも呼ばれ、忍耐力と精神力を養い、困難や障害を乗り越えられるよう力を貸してくれる石であると信じられています。 1月の誕生石として知られるガーネットは、美しい深紅の石(パイロープ・ガーネットとアルマンダイト・ガーネット)ですが、ガーネットには様々な種類・色のものがあります。 またガーネットは、結婚18周年の記念石でもあります。 夫から妻に「変わらない愛・貞節」という意味を込めて贈られるそうです。

スペサタイト・ガーネット (Spessartite Garnet)
ガーネット・グループの中で、赤系ガーネットと同じパイラルスパイトに分類され、マンガンを含んだオレンジのガーネットをスペサタイト(又はスペサルティン)・ガーネットと呼びます。
一口にオレンジといっても、明るいオレンジから褐色がかり赤色に見えるものまで幅広いバリエーションがあります。ナミビア産の美しく鮮やかなオレンジ色の石は、マンダリン・オレンジに因みマンダリン・ガーネットと呼ばれます。 
スペサタイト・ガーネットは最初に発見されたドイツ・バイエルン州のスペサルトという地名に因んでいます。1990年代にアフリカで新たな鉱床が発見されるまでは非常に稀少で高価な宝石でした。

この商品について
純度の高い鮮やかなオレンジが魅力の スペサタイト(マンダリン)・ガーネットの爪留めリングです。 サイズ以上の存在感を示す使用石は、アイクリーンの高品位で、カット・カラーも申し分の無いクォリティです。
石座は完全ハンドメイド、輪っか部分はオリジナルのキャスティングで制作しました。完成度の高い当店おススメのオンリーワンアイテムです。

鉱物的説明
ガーネットは1つの単独の鉱物ではなく、いくつかの同じ構造の鉱物の総称です。構成成分の違いによって2つに大別され、その2つが更にそれぞれ3つに分類されますが、スペサタイト・ガーネットはパイラルスパイトに分類されます。パイラルスパイト(Pyralspite)とは、これに属するパイロープ、アルマンダイン、スペサタイトのそれぞれの頭文字を並べてそう呼ばれています。
スペサタイト・ガーネットの宝石としての代表的な色はオレンジですが、アルマンダインと混じると赤褐色系の色となり、またマンガン等の発色成分を多量に含むと褐色となります。

特性値
モース硬度 : 7 〜 7.5
比重     : 3.78 〜 4.28
屈折率   : 1.76 〜 1.82 (単屈折)
結晶系    : 等軸晶系

画面トップに戻る


HOME