商品番号 OFR081001
ファイアーオパール・リング
(Silver 925)

石のサイズ: 約 5 X 5 X 4 (mm)
重量: 1.9 グラム
石の重量 :  0.35 カラット
石の産出地 : メキシコ
リング・サイズ: 12

税込み価格 ¥6,300
(税抜き価格 ¥ 6,000)
 
 

   










ファイヤーオパール
Fire Opal
燃え続ける太陽のフレアのような石、ファイアー・オパール。 ファイアー・オパールは、全ての生命の源である太陽のように燃え続け、情熱を無限にチャージし続けてくれる石です。 
ファイアー・オパールの地色は黄色〜赤色ですが、いずれも非常に鮮烈で、目にする度に活力と高揚感を与えてくれます。 
通常オパールは、虹色の華やかな輝き(遊色効果=プレイ・オブ・カラー)に価値が見出される宝石で、石の地色は遊色効果の為の背景に過ぎません。 ファイアー・オパールの場合は例外で、鮮明な石の色に大きな魅力があり、透明でガラス光沢を呈する石が高品質とされています。 その為、カボジョン・カットされることが大半の他のオパールに対して、ファイアー・オパールの多くがファセット・カットされるのです。
ファイアー・オパール
のこうした魅力が見出されたのは最近で、1980年代にメキシコ産の無遊色の赤橙系のオパールがファセット・カットされてドイツの市場に現れて以降とされています。 
ファイアー・オパール
はまさに新時代の宝石なのです。

この商品について
最も理想的な赤みがかったオレンジ色の高品質ファイアー・オパール・ラウンド・ブリリアント・カットです。(画像で上手くお伝え出来ないのが残念ですが。)小粒ながら驚く程の存在感を示し、オパール特有の色が揺らめくような効果は太陽のフレアのようです。ファイアー・オパールの鮮烈な輝きが洗練されたデザインに映える極上のリングです。

鉱物的説明
元々ファイアー・オパールとは、遊色効果を示すプレシャス・オパールを指す言葉でしたが、このオパールが市場に出て以来、メキシコ産の赤橙系オパールが遊色・無遊色を問わずファイアー・オパールと呼ばれるようになりました。 通常、遊色効果をもつオパールは、オーストラリアのかつては海底であった場所から産出しますが、メキシコ産のファイアー・オパールは太古に火山活動があった地域から産出します。 
ファイアー・オパールには、遊色効果を示すものもありますが、虹色の輝きがはっきりとしたものは非常に貴重です。オパール特有の色が揺らめくような効果は、石の内部に詰まった微小な珪酸の球体が光の回析を起こすために生じます。 この現象によって、見る角度によってオパールの色が様々に変わるのです。一方、珪酸の球体の配列が規則的であれば、珪酸の球体が並ぶ各平面層の幅に応じて、光の干渉が生じます。 これが遊色効果(プレイ・オブ・カラー)と呼ばれるオパール特有の虹色の輝きです。

特性値
モース硬度 : 5.5 〜 6.5
比重     : 1.90 〜 2.20
屈折率    : 1.43 〜 1.45
結晶系    : 非結晶

画面トップに戻る

← BACK HOME →