商品番号 OFPB001
ファイヤーオパール・ペンダントトップ
(Silver 925)

石のサイズ(枠含む): 約 17.5 X 15.5 X 10 (mm)
重量 : 4.85 グラム
石の重量 : 13.2 カラット
石の産出地 : エチオピア

   チェーンは別売りです

税込み価格 ¥24,150
(税抜き価格  ¥23,000)



*チェーンはこちらからどうぞ

ファイヤーオパール

ファイヤーオパール

ファイヤーオパール

ファイヤーオパール

ファイヤーオパール



ファイヤーオパール
ファイヤーオパール
Fireopal
オパールの虹色の華やかな輝きには心を奪われずにはいられません。その特有のきらめきは、プレイ・オブ・カラー(遊色効果)と呼ばれ、オパールの代名詞ともなっています。 
オパールの語源は、ギリシア語 の「オパリオス」または、そのラテン語化の「オパルス」、さらにその起源を辿ると、
サンスクリット語で「宝の石」という意味の語に由来するようです。
オパールは含水化珪酸ゲルが硬化したもので、通常 5〜10%の水分を含みます。主に火成岩または堆積岩のすき間に、珪酸分を含んだ熱水が充填することで生成されます。その他にも、埋没した貝の貝殻や樹木などが珪酸分と交代することで生成されたり、温泉の沈殿物として生成されるなど、各種の産状があります。

エチオピア産ファイアーオパール
市場ではチョコレート・オパールとも呼ばれる、レアなエチオピア産のファイアーオパールです。ファイアーオパールといえば、メキシコ産が一般的ですが、エチオピア産はチョコレート・オパールと呼ばれるように地色が、茶〜こげ茶のものが主流です。赤、黄、緑、オレンジと多彩な遊色効果が鮮やかに浮き出る為、その稀少性も相まって近年の宝石市場で注目を集めています。

この商品について
エチオピア産のファイアー・オパールは、煌びやかな遊色効果を見せる石ですが、オパールとしては形成された年数が比較的若く、耐久性が疑問視されることもあります。 
こちらのペンダントトップは、厳選したルースを研磨の後、1年以上寝かせて、常温・常湿で変化がないことを確かめたうえでジュエリー加工しました。オパールへかかる圧力を最低限に抑えるため、薄い石座をハンドメイドで制作し、包み込むように石留めしました。 
暗がりでは、一見チョコレート色の何の変哲もない石のようにも見えますが、光を受けると赤、黄、緑、オレンジと多彩な遊色効果が浮かび上がります。 
(オパールは含水化珪酸ゲルが硬化したもので、通常 5〜10%の水分を含みます。多くの宝石とは違い非晶質であるために、乾燥するとひび割れを生じることがありますので、時々は水やオイルを入れた容器等に保存されることをおススメ致します。)

鉱物的説明
元々ファイアー・オパールとは、遊色効果を示すプレシャス・オパールを指す言葉でしたが、メキシコ産オパールが市場に出て以来、赤橙系オパールが遊色・無遊色を問わずファイアー・オパールと呼ばれるようになりました。
エチオピア産のオパールが市場に登場したのはメキシコ産よりも後のことで、メキシコ産オパールに良く似た赤橙系のものもある為、エチオピア産のファイアー・オパールと呼ばれるようになりました。 オパール特有の色が揺らめくような効果は、石の内部に詰まった微小な珪酸の球体が光の回析を起こすために生じます。 この現象によって、見る角度によってオパールの色が様々に変わるのです。一方、珪酸の球体の配列が規則的であれば、珪酸の球体が並ぶ各平面層の幅に応じて、光の干渉が生じます。 これが遊色効果(プレイ・オブ・カラー)と呼ばれるオパール特有の虹色の輝きです。

特性値
モース硬度 : 5.5 〜 6.5
比重     : 1.90 〜 2.20
屈折率    : 1.43 〜 1.45
結晶系    : 非結晶


画面トップに戻る

← BACK HOME →