商品番号 LCPE002
レピドクロサイト・イン・クォーツ・ペンダントトップ
(Silver 925)

石のサイズ (枠含む): 約 25 × 21 × 10 (mm)
重量 : 10.42 グラム
石の重量 : 32.40 カラット
石の産出地 : インド・タミルナドゥ州

チェーンは別売りです

商品価格 ¥14,280



*チェーンはこちらからどうぞ












レピドクロサイト
Lepidocrocite

ラメのようにキラキラとしたレピドクロサイトのインクルーションは、自然の創造物とは思えないほど可愛らしくてキッチュです。レピドクロサイトは非常に魅惑的かつ神秘的な鉱物ですが、クォーツ種の鉱物に内包物となって現われ、 単体では存在しないのです。レピドクロサイト・イン・クォーツは、パワー・ストーンとして近年非常に人気が高まった石ですが、クォーツ(水晶又は石英)はレピドクロサイトが内包されることによってパワーが増幅し、身に付ける人をポジティブな思考に導 きます。さらに霊的な力を高めて、内面に秘めた予知能力の開発をサポートするとされています。
レピドクロサイトという名称は、ギリシャ語で鱗を意味する"lepidos"と、繊維を意味する"kroke"に由来しています。 色は、主として赤色やオレンジ、黒、褐色などですが、赤色系の微小な繊維状のレピドクロサイトが、多数内包されたものは、ストロベリークオーツとも呼ばれます。

この商品について
クォーツに濃密に混入したレピドクロサイトが美しく、鉱物的魅力に溢れたレピドクロサイト・イン・クォーツのふくりん留めペンダントトップです。
カボション石は、表面付近にレピドクロサイトが露出するようにバランス良く研磨されています。現在は鉱床が枯渇したとも言われる稀少な南インド産です。
石の魅力を引き立てるシンプルなデザインの完全ハンドメイド・ジュエリーです。自信を持っておススメ出来るオンリーワン・アイテムです。

鉱物的説明
レピドクロサイト(鱗鉄鉱=りんてっこう)は、石英(クォーツ)種の鉱物の内部にインクルーションとして混入する赤〜赤褐色をした鉄を主成分とする鉱物です。主として鱗片状、針状、毛髪状の内包物となって出現し、単体での存在はありません。 レピドクロサイト・イン・クォーツには、レピドクロサイトと共に、同じく鉄を主成分とするゲーサイト・インクルージョンやへマタイト・インクルージョンが包有されることがあります。

特性値 
モース硬度 :  7
比重     :  2.65
屈折率   :  1.544 〜 1.553 (複屈折)
結晶系    : 三方晶系。 単独で結晶し、晶壁は六角柱で、先端は六角錐。


画面トップに戻る


← BACK HOME →