商品番号 LMP081015
ラリマー・ペンダントトップ
(Silver 925)

石のサイズ (枠含む): 約 26 X 18 X 9 (mm)
重量 : 9.90 グラム
石の重量 : 29.1 カラット
石の産出地 : ドミニカ共和国

チェーンは別売りです

税込み価格 ¥36,750
(税抜き価格 ¥35,000)



*チェーンはこちらからどうぞ











ラリマー
Larimar

白い雲が浮かぶ南国の空と澄み渡る青い海を写し取ったかのようなラリマー。この石が青い空と海に包まれたカリブ海のドミニカ共和国から産出するのは、象徴的であり自然の神秘のようにも感じられます。比類が無いほど鮮やかな水色は、南国への憧憬と共に多くの人を魅了するのです。
ラリマーの魅力は色と共に独特の模様にもあります。ラリマーの結晶系は球体構造の集まり(ぶどう状)になっていて、それをカットすると断面が美しい模様となります。 この模様が、南国の青空に浮かぶ雲や、穏やかな海に打ち寄せる波を連想させるのでしょう。
ラリマーはスギライト、チャロアイトと並ぶ世界三大ヒーリングストーンの1つとされ、愛と平和を象徴する石です。究極の癒し石とされ、トラウマや精神の呪縛からの解放を促し、創造力とインスピレーションを与えるパワー・ストーンとして、世界的に高い人気を集めています。 癒しの石・ラリマーを身につけると、静かで落ち着きのある、自然に人を引き寄せる雰囲気が醸し出されるとも云われます。

この商品について
色合い、模様、シェイプの全てが、理想的な大粒ラリマー・カボションの完全ハンドメイド・ふくりん留めのペンダント・トップです。
ラリマーは原石が非常に高価ですので、極力無駄を出さないようにファンシー・シェイプに研磨されることが多いのですが、こちらはサイズ・形状・厚みのプロポーションが素晴らしく、完成度が非常に高いペンダント・トップに仕上がりました。
当店おススメの自信作です。

鉱物的説明
ラリマーの正式名称はブルー・ペクトライトです。ペクトライト(ソーダ珪灰石)には様々な色のものがありますが、青色のペクトライトが発見されたのは1974年で、それまで宝石としての価値が見出されていなかったペクトライトに注目が集まるようになりました。 青色のペクトライトだけがラリマーと呼ばれ、産出地もドミニカ共和国だけに限られています。 ドミニカだけで青色のペクトライトが形成された理由は、太古の時代にこの地で起こった火山の噴火と、この土地独特の地質変化による不純物(銅成分)の混入によるものとされています。 またラリマーは、鉱床が地中深くに分布するので採石には資本と技術が必要です。その為、希少価値が高く、高価で流通量も多くはありません。

特性値
モース硬度 : 4.5 〜 5
比重    : 2.7 〜 2.8
屈折率   : 1.60 〜 1.63
結晶系    : 三斜晶系  




画面トップに戻る


← BACK HOME →