商品番号 CTPH001
シトリン・ペンダントトップ
(Silver 925)

石のサイズ (枠含まず): 19.5 X 15.8 X 9.5 (mm)
重量 : 8.26 グラム
石の重量 : 19.30 カラット
石の産出地 : ブラジル共和国

チェーンは別売りです

商品価格(税込) ¥ 8,800-

       

*チェーンはこちらからどうぞ















シトリン
Citrine
11月の誕生石であるシトリンは水晶の一種で、黄色〜黄金色のものがそう呼ばれます。 シトリンという名前は、その色から柑橘類のシトロンに由来します。 美しく、耐久性も高いので、ジュエリー素材として用途の広い石です。 高品質で色の濃いシトリンはインペリアル・トパーズと混同されるほどの美しさです。
シトリンはその黄金色からも分かるように、全ての生命の源である太陽を象徴する石です。  シトリンの黄色〜黄金色は、気力を高め物事に前向きに取り組む力を与えてくれます。 精神面の充実を促すことにより、幸福感で満たされ、社交性を高めますので、人と会う時に身に付けるのが特におすすめの石です。
天然のシトリンは通常、地中深くから産出する石ですので、クォーツ種の宝石としては比較的産出量が少なく、過去には珍重された石でした。古今東西にわたって富と繁栄をもたらす「幸運の石」として、大切にされ、東洋では一般に「財運をもたらす石」と信じられていたようです。 

この商品について

20カラット近い大粒のオーバル型シトリンの爪留ペンダントトップです。少し浅めの発色なのと僅かなインクルーションも見られますが、、シトリンらしい明るく鮮やかなゴールデン・カラーが綺麗です。
リーズナブルな価格ですが、地金削り出しで製作した本格的なハンドメイドジュエリーです。

鉱物的説明
シトリンは、地中深くに結晶したアメジストが、マグマなどによる熱干渉を受けて黄色く変色したもの、または水晶に自然の放射性物質が作用して黄色に変色したものです。 現代では、それと同じ原理で、アメジストを人工的な加熱処理により変色させたものがシトリンとして流通することがあるようです。この加熱処理については、天然石が本来持つ資質を引き出す方法としてエンハンスメント(増進)と呼ばれ、トリートメント(化学薬品などによる処理)とは区別されています。 シトリンは含有する鉄分で黄色に発色しますが、さらに明るい黄色を呈するレモンクォーツは硫黄によって発色します。両方共黄色系のですが、含有成分の違いによって区別されています。

特性値
モース硬度 : 7
比重    : 2.65
屈折率   :  1.544 〜 1.553 (複屈折)
結晶系   : 三方晶系。 単独で結晶し、晶壁は六角柱で、先端は六角錐。


画面トップに戻る



← BACK HOME →