商品番号 CRP091010
ブルー・クリソコラ・ペンダントトップ
(Silver 925)

石のサイズ(枠含まず):約 38 X 21 X 10.5 (mm)
重量 : 15.91 グラム
石の産出地 : メキシコ

チェーンは別売りです

税込み価格 ¥ 10,500
(税抜き価格 ¥ 10,000)

        

*チェーンはこちらからどうぞ

クリソコラ・ペンダントトップ

クリソコラ・ペンダントトップ

クリソコラ・ペンダントトップ

クリソコラ・ペンダントトップ

クリソコラ・ペンダントトップ

クリソコラ・ペンダントトップ
クリソコラ
Chrysocolla
人類初の宇宙飛行に成功したガガーリンは、大気圏外からの地球を見て 「地球は青かった。」 と表現しました。クリソコラの深みのあるブルーとグリーンを見て即座にガガーリンが見たような「地球」をイメージする人は多いと思います。 青地に緑・茶・黒などの色が複雑に混ざり合い、それらが自然に調和していることから、「地球」「大地」といったイメージを喚起するのでしょう。 そうしたことからか、クリソコラは母なる大地を表す石と考えられ、女性性を活性化させ、感情を穏やかにし、様々な事柄に愛情を持って対処できるように導くサポート・ストーンとされています。 
特に女性にオススメのパワー・ストーンで、出産時の陣痛や月経の痛みを和らげたり、産後の回復にも効力があるそうです。 アメリカでは先住民族インディアンの石とされ、心を癒し分析能力と直観力に作用するとも言われています。
クリソコラという名前は、ギリシア語で金を意味する「chryso」と蝋や樹脂を意味する「kolla」を合わせた造語であるようです。 なぜこのような造語が出来たのか? 確かな記録はありませんが、古代の彫金師が金をハンダ付けする際にこの石を用いた、及び銅の鉱石中に含まれる金を取り出す際に、何らかのかたちでクリソコラを用いたとの説があります。 いずれにせよ、クリソコラは金との関係が深かったようです。

この商品について
深みのあるピーコック・ブルーが印象的なメキシコ産の クリソコラです。長い間、納得の行くクリソコラに出会うことが出来ませんでしたが、今回ご紹介するものはとにかくお勧めです。クリソコラの青地に胴成分である緑が薄く懸かり絶妙な色彩を見せています。また石に石英が浸透しており、ジェムシリカに近い状態です。ふくりん留のシルバー・セッティングも完璧で完成度の高いペンダント・トップに仕上がりました。(表面に若干の磨き残しが有りますことをご了承下さい。)

鉱物的説明

クリソコラマラカイトと同じ銅を含む鉱物ですが、マラカイトにケイ素が加わったような組成であり、ケイ酸塩鉱物に分類されます。 銅を含む鉱物が風化することによって生成するため、銅鉱床付近で産出され、マラカイトやアズライトと同時に産出されることが多いようです。 比重はマラカイトに比べると非常に軽いのですが、硬度が低く吸水性もあるため、宝飾用には樹脂充填(含浸処理)で耐久性を高めてから研磨加工されます。 樹脂の代わりに天然状態で石英が浸透したものは「ジェムシリカ」と呼ばれ珍重されています。

特性値
モース硬度 : 2.5 〜 4
比重     : 1.9 〜 2.4
屈折率   :  結晶系    : 単斜晶系


画面トップに戻る


← BACK HOME →