商品番号 ARP091001
アズライト・ペンダントトップ
(Silver 925)

石のサイズ (枠含む): 約 52 × 43 × 9 (mm)
重量 : 36.3 グラム
石の重量 : 28.0 グラム

チェーンは別売りです

税込み価格 ¥24,150
(税抜き価格 ¥23,000)


*チェーンはこちらからどうぞ












アズライト
Azurite
古来、青い色の石は神聖視されてきました。 アメリカの先住民族のアメリカン・インディアンのシャーマン (霊能者) は、アズライトを聖なる石として崇め、自ら身に付け、また霊的能力を高める道具として儀式などに用いました。 
古代エジプトでは、聖職者がアズライトで神殿を飾り、またスピリチュアル・パワーを高める道具として粉末にしたアズライトで額(第三の目の位置)を彩色していたそうです。 こうした伝説の影響からか、現代でもアズライトは精神の鎮静とリラックス、直感力・創造力・洞察力の向上を促すパワー・ストーンと考えられています。 直感力と洞察力の向上は、冷静な判断力を培い決断力を与えてくれます。 自分を優柔不断だと思っている方には、特におススメの石ではないでしょうか。
アズライトという名前は、ペルシャ語で 「青」 を意味する “azul” に由来するようです。 名前が示すように藍色をした美しい石です。 銅床に見られる石で、マラカイトと共に産出することが多く、アズライトの形成成分にも銅が含まれています。 従って、青を基調としながらも、緑や黒の様々な模様が入り、それらが不思議な調和を示し独特の魅力となっています。 

この商品について
まるで大気圏外から見る地球のようなアズライトです。見ていると深遠なものを感じて目が離せなくなってしまいます。 藍色部分の濃淡はグラデーション効果を示し、茶の模様との絶妙な調和を見せています。 
自然の神秘を切り取って額に入れたような・・・そんな感じすら受ける特別なペンダント・トップに仕上がりました。  ふくりん留のシルバー・セッティングも完璧にフィットしていて、当店おススメの自信作です。
アズライトは硬度が低く、傷がつき易い石ですので、取り扱いには注意が必要です。

鉱物的説明
アズライトは、和名を藍銅鉱と言い炭酸塩鉱物の一種です。 マラカイトと化学成分が似ており、共生することが多く、お互いに混じり合ったものは、アズロマラカイトと呼ばれます。 アズライトは産出する形状が様々で、結晶となって発見される場合もあれば、柱上、塊状など一定していません。 大半が不透明な状態ですが、結晶化しているものには、非常に小粒ながら透明でガラス光沢を示すものもあります。  アズライトは、古今東西、青をあらわす顔料として使用されてきました。 「群青」と呼ばれる色がそれで、かつては非常に高価で、日本ではマラカイト(孔雀石)を粉末にした緑青の十倍の価格で取引され、群青60グラムで米一俵が買えるほど価値の高いものでした。

特性値
モース硬度 : 3.5 〜 4
比重     : 3.8
屈折率   : 1.76
結晶系    : 単斜晶系 


画面トップに戻る


← BACK HOME →