商品番号 OXP091001
アゲート・ペンダントトップ
(Silver 925)

石のサイズ : 約 39 X 25 X 5.5 (mm)
重量 : 12.6 グラム
石の重量 : 8.33 グラム
石の産出地 : 不明 

チェーンは別売りです

税込み価格 ¥8,400
(税抜き価格 ¥8,000)


*チェーンはこちらからどうぞ













アゲート(縞めのう)
Agate
アゲート (縞めのう) の妖しくうごめくような縞模様は、無限のバリエーションがあり、強い個性で人を惹きつけてきました。 古くから装飾効果の高い宝石としてジュエリー・デザイナーの創造力を掻き立て、19世紀から20世紀初頭にかけてのアール・ヌーヴォーやアーツ・アンド・クラフツのデザイナーたちもアゲートで美しいジュエリーを制作しました。 
アゲートは美しさ、耐久性、バリエーション、産出量のどれを取っても万能の宝石なのです。
古今東西アゲートにまつわる言い伝えは無数にありますが、一般的には、洋の東西を問わず、幸運と財をもたらす石として、また不幸から身を守る護符として身につけられてきました。 
また、鉱物でありながら有機物を感じさせる縞模様が、融合と調和を象徴するとされ、あらゆる人間関係を円滑に運ぶ助けにもなるようです。
アゲートという名は、イタリア・シチリア島の“Acate”(現在はディリッロ川)という川の名前に由来します。 過去にこの川底からアゲートが豊富に産出したことから名付けられました。

この商品について
妖しくうごめくような縞模様が非常に美しいアゲートのオーバル・カボジョンです。 アゲートは美しく、価格も手頃な為、ジュエリー素材としては有用なはずなのですが・・・ 大きすぎるサイズのものが多く、こうしたペンダント・サイズにアゲート特有の縞模様の美しさが凝縮しているカボジョンはなかなかに見つからないのが現状です。
そうした訳で、今回制作用として気に入ったアゲートは、このペンダント・トップの一点のみでした。  小さな楕円形のなかに広がる魅惑的な縞の連なりは、見飽きることがありません。 
石座は、このカボジョン石に合わせた地金削り出しのハンドメイドで、石にピッタリとフィットしています。 おススメ品です。

鉱物的説明
石英の非常に細かい結晶が網目状に集まり、緻密に固まった鉱物を玉髄 (ぎょくずい=カルセドニー) といい、アゲートはその変種の一つで、厚さと色の異なるストライプが、同心円状に丸く層を成すものを指します。平行な縞状模様がある玉髄はオニキス(又はオニックス)と呼ばれます。 アゲートの縞を構成しているのは、蛋白石(たんぱくせい)と石英で、それらが岩石の空洞中に沈殿して形成された鉱物です。 鍾乳洞のように中心部に空洞を残しているものもあり、アゲート・ジオードと呼ばれます。

特性値
モース硬度 : 6.5 〜 7
比重     : 2.58 〜 2.64
屈折率   : 1.53 〜 1.54 (潜晶質)
結晶系    : 三方晶系。 多くは繊維状の塊で多孔質。 光沢は鈍いろう光沢を示します。







画面トップに戻る

← BACK HOME →